健康食品をもっと知る!

健康食品について研究示していること

健康を保つためは栄養バランスのとれた食事をすることが欠かせません。一日に必要な栄養を三度の食事を通して取り入れることが必要です。
また健康食品によって、足りない栄養やミネラルを補うことも助けになります。
たとえばある種のビタミンや栄養素が疾患の予防や足腰を丈夫にする助けになります。そうした栄養素が含まれている健康食品は個人差があるものの、一定の効果を発揮することは事実です。
多くの研究が示しているように、十分な量の野菜や果物を取り入れることで免疫力を高めることができます。
また精製されていない穀物は栄養価が高いため積極的に取り入れたいと思うかもしれません。
また別の研究で明らかになっていることは、定期的な運動です。定期的な運動は血行をよくし、心身をさわやかにすることができます。
運動はウォーキングやジョギングまたストレッチなど手軽なものを、無理のないプランで行うようにしましょう。このように食事や運動は元気を保つのに欠かすことができません。

歴史ある健康食品を研究することの重要性

健康食品の研究は、学者や権力者が時代ごとに行って、食文化の一つとしても発達させてきました。仙台藩の礎を築いた伊達政宗は、味噌の有用性に着目して、様々な料理研究を行ったことで有名です。
戦国時代には曲直瀬道三などの漢方医が活躍し、食養生の大切さを伝えることで、大名たちからの信頼を得ていました。
歴史的な健康食品としては、納豆も重要な存在ですが、製法によって種類は明確に変わります。歴史的には糸を引かない納豆のほうが古く、塩辛い味が特徴となっています。
徳川家康は豆味噌を常食としながら、浜納豆もよく食べていたとされるため、大豆の栄養を余すことなく摂取していました。
歴史上の人物が食べていた健康食品は、近年の研究成果によっても明らかにされ、現在人への教訓として活かされています。歴史ある健康食品を研究することで、食事の時代考証を正確にできるメリットもあります。
そのため、貴重な食文化を後世に残すために、日常の食事文化の記録を残すことが重要です。

注目サイト

日研トータルソーシング公式サイト

2017/5/26 更新